眼・眼形成手術専門
ASUCAアイクリニック 仙台マークワン
眼・眼形成手術専門
ASUCAアイクリニック 仙台マークワン

眼の病気 眼の病気

網膜の病気
retina

網膜裂孔・網膜剥離

後部硝子体剥離を生じたときに硝子体と網膜の一部分だけ癒着していると、その部分が牽引されたときに網膜裂孔や網膜剥離を生じることがあります。

網膜裂孔

この場合、その前兆として「光視症」や「飛蚊症」の増加が比較的多くみられます。
急に増えたときは、網膜裂孔や網膜剥離をおこしている可能性が高いので、すぐに精密検査を受けるようにしてください。
発症初期であればレーザー網膜光凝固術によって進行を食い止めることができます。

網膜光凝固術

発症初期であればレーザー網膜光凝固術によって進行を食い止めることができます。

網膜光凝固術

網膜硝子体手術

網膜剥離が進行した場合は観血的な手術治療が必要になります。
もし網膜剥離が黄斑部まで至った場合は、手術して元の位置に網膜が復位しても、もとの視力まで戻らないことも少なくありません。発症した場合は、できるだけ早期に治療をおこなう必要があります。特に目を強く打撲した場合、網膜剥離をおこすことが多いため、精密検査を受けるようにしましょう。

網膜硝子体手術

治療方法

022-796-5100

〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央一丁目2-3
仙台マークワン11F

9:00-17:00

※完全予約制となります。

※日曜・祝日は休診となります。