眼・眼形成手術専門
ASUCAアイクリニック 仙台マークワン
眼・眼形成手術専門
ASUCAアイクリニック 仙台マークワン

手術・治療 手術・治療

Add-on眼内レンズ
addon intraocular lens

Add-on眼内レンズとは

Add-on眼内レンズ

Add-onはHumanOptics社(ドイツ)で開発された白内障術後患者の視機能を向上するための「二枚重ね挿入専用」の眼内レンズです。

  • 度数調整用(近視・遠視) Secura
  • 乱視矯正用(近視性乱視・遠視性乱視・混合乱視) Torica
  • 遠近両用(回折型累進多焦点レンズ) Diffractiva
の3種類があります。

下記のような場合に適しています。

■裸眼でもっと見えるようにしたい。

白内障手術後の近視・遠視・乱視といった屈折異常の矯正に最も適した手段です。
「近くをもっと見えるようにしたい」「遠くをもっと見えるようにしたい」 「乱視を少なくしたい」「左右の度数差をなくしたい」
といった”裸眼での見え方”を改善することができます。

■“単焦点眼内レンズ”が入っているが、“多焦点眼内レンズ”にしたい

白内障手術を受けて数ヶ月以上経過すると眼内レンズが水晶体嚢内で癒着するため、眼内レンズの交換は不可能でしたが、Add-on多焦点眼内レンズにより、その要望を実現します。

裸眼視力を向上 Add-on度数微調整用・Add-on乱視矯正用

Add-on眼内レンズ

白内障手術後に残存する遠視・近視・乱視といった屈折異常を矯正して裸眼視力を向上させる“追加挿入専用の眼内レンズ”です。

従来から白内障手術単独では、精度の高い度数調整が不可能なため、もともと乱視が強い人などでは手術後も眼鏡やコンタクトレンズでの矯正が不可欠でした。近年になって乱視用矯正の眼内レンズも登場しましたが、過去に白内障手術を受けている場合に「眼内レンズの入替」をおこなうのはとても困難でリスクも高いため、レーシックで度数調整をおこなうことが一般的でした。

しかしながら、Add-on眼内レンズの登場で、手術時間も3~4分程度で回復も早く、ドライアイなどのリスクもないため、患者さまへの負担がより少なくなりました。度数微調整用/乱視矯正用ともに、「有害光線をカットして眩しさを低減する着色レンズ」、「もともと着色眼内レンズが入っている眼に適した透明レンズ」の両方が選択できます。

単焦点レンズ眼専用のAdd-on多焦点眼内レンズ

Add-on眼内レンズ

白内障手術で“単焦点眼内レンズ”が入っている眼に“多焦点眼内レンズの機能を付加する” 追加挿入専用の眼内レンズです。
過去に白内障手術を受けている場合は「眼内レンズの入替」をおこなうのは困難でリスクも伴いましたが、このレンズの登場で最初から“多焦点眼内レンズ”を入れたのと同等以上の状態にすることができるようになりました。

水晶体嚢内に多焦点眼内レンズを挿入する場合に比べ、毛様溝にレンズを固定するため水晶体嚢の収縮に伴うレンズの中心偏位をおこしにくい、レンズの摘出・交換がしやすいというメリットがあります。先に通常の単焦点眼内レンズだけ入れておき、あとでレンズを追加挿入することで、「患者さん自身に両方の見え方を実体験してもらいやすい」「見え方に慣れない場合は元に戻せる(戻しやすい)」という利点もあります。

中心部のみに回折型の累進的な加入度数(+3.5D)が入るタイプなので、暗所での遠方視力が良い、ハログレアが少ない、中間距離の視力が良いといった特徴があり、他社製品の多焦点眼内レンズと比べても良い臨床成績が得られています。
Journal of  Cataract & Refractive Surgery Volume12 P2136-2143  Georg Gerten, MD George et al

022-796-5100

〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央一丁目2-3
仙台マークワン11F

9:00-17:00

※完全予約制となります。

※日曜・祝日は休診となります。